スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡易防音室を自作 05 内装仕上げ

充電ドライバーの充電がなくなったので、一旦作業を終了した前回。

吸音材(ウレタンスポンジ)を貼る前に、内装の仕上げをしました。

天井を固定してから、マイクコードとヘッドフォンコードを通す為の穴を開けました↓
DSC_0003.jpg
25mmのホールソーで穴を開けました。
これでバッチリコードが通ります。

次は内側の取っ手を取り付けて↓
DSC_0007.jpg
内ロックする為に、内枠にビスを打ち込んでヘアゴムで止めてみました。
ゴムは伸縮性が高いので、振動も上手に逃がしてくれると・・・いいなw
これだと安上がりで作業も簡単です。

最後に一番の問題点!
通気の確保です。
素人DIYなので隙間はあると思うのですが、一応シリコンで埋めているので万が一もあるし・・・
でも換気扇をつけると、作業も面倒で防音性も損なわれるみたいで・・・

どうせ換気扇をつけても防音性を保つことが難しいなら、いっそのこと・・・↓
DSC_0001_201709280817582f4.jpg

DSC_0002_20170928081802544.jpg
4隅に10mm程度の板をかまして、底を浮かしました。
これで通気は確保出来ます。

音は発生元(口)から球体状に広がるようなので、口から一番遠い足元に通気口を確保した次第です。
まだ完成してないので、防音性はどうなのかは不明です。

あまり完璧な防音は求めていないので、個人的にはこれでいいと思っています。
しかし!あまりにも音が漏れるようなら、この隙間にウレタンスポンジを詰め込んでみようと思ってます。

これで外装&内装は終了かな?

つづく・・・
関連記事
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments - 0

コメント記入欄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。