簡易防音室を自作 12 外壁にステンシルペイント

せっせと作った防音室に、揃えた機材達をセッティングしたら、後はRECするだけ!
ただ外装がね・・・
ただの箱なので、見た目が寂しいんですよ。

そ・こ・で!!
オリジナルペイントをしてみました。

もうこの記事は防音室から完全に脱線した内容になりますが、自作って部分は同じなので興味のある方は見てって下さい。

素材は木材なのでマジックでもペンキでもステインでも、そこまで塗料を限定されずに好きなようにペイントする事が出来ます。
ただ、オレは拘りたいんです。

そこで使うのはこれだ!
ステカ カッティングマシン SV-8<br />
ステカ カッティングマシン SV-8
これも10年以上前に買ったカッティングマシンなので、今はこの見た目ではないですが同じ規格の物は今も販売してますね。

これはカッティングシールを作る機械です。
よく車とかお店なんかに貼ってある、切り抜き文字やデザインシールのアレですね。

確か・・・専用ソフトが付属してたと思います。

これを本来の使い方と逆の使い方をしてステンシルペイントしていきます。
どうゆうことかと言うと・・・百聞は一見にしかず↓
DSC_0015.jpg
こういう事です。
※文字が繋がっているデザインの事をステンシルって言います。米軍の道具BOXなんかにスプレーで書いてる文字のアレです。

準備するものは
・カッティングマシン
・カッティングシート(転写シートは不必要)
・ステンシルデザインのフォント(フリーフォントがネットに転がってます)
・専用のカッティングソフト(付属しているソフトがあるはず。オレはイラレを使用)
※複雑なデザインを作りたい場合は、イラストレーターなどのデザインソフトが必要になります。

専用ソフトを立ち上げて、フリーでDLしたステンシルフォントを使って、好きな文字をタイプ。
そのデータをカッティングマシンに送信して、カッティング開始!
塗る部分をチマチマと剥ぎ取り
シールが切れたり変な所にくっ付かない用に、丁寧に台紙から剥がす。
剥がしたシールをペイントしたい場所に貼り↓
DSC_0027.jpg

塗料を塗り塗り↓
DSC_0028.jpg

塗ったら剥がして↓
DSC_0029.jpg
完成!!

これを繰り返して出来上がったのがこちら↓
DSC_0031.jpg
じゃーん!
自画自賛ですw

塗料は木材にも塗れる水性塗料を使用しました。
DSC_0012_20171003115927016.jpg
K+(コメリPB)商品です。

これのいいところは刷毛が付いてるところ!
DSC_0014_2017100311594472e.jpg
これだけ買えば、直ぐに塗り塗り出来ます。

これにて「簡易防音室を自作」記事は終了です。
読んで頂き有り難う御座いました。
関連記事
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

コメント記入欄