スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡易防音室を自作 02 設計図を考える

前回の続き
簡易防音室を自作する為にホームセンターで材料を見てきました。

ネットで調べた結果、遮音するには重量が重い方が効果は高いようですが、あまりに重いと作業が嫌になると思ったので、普通の合板に目星をつけて・・・
サイズを確認して、設計図を描きました。

まず揃える木材は
名称未設定-1
2×4 6F(ツーバイフォー 6フィート)を8本
4本はそのまま使います。
残りの4本はホームセンターで834mmと708mmにカットしてもらい、各4本づつ用意する。

合板は厚:12mm×横:910mm×縦:1820mmを5枚
1枚だけホームセンターにて910×934mmにカットしてもらい、天板に使用する。

上で用意した木材の組み方は↓
名称未設定-2
真上から見た図です。
4本の柱の上下に四角の骨組みを作ります。

赤と緑を固定するには2×4用の金具を使用して留めます。

2x4サポート 帯金物 タイプ1 24-F1-Y

新品価格
¥200から
(2017/9/27 08:52時点)


これを上下で各4枚使うので、計8枚必要です。

赤と青を留めるには木ネジを使います。
2×4木材の厚みが38mmあるので、木ネジのサイズは4.2×65mm あたりを数十本用意すれば事足りるかな。

最後に自作するのに必需品と言っても過言では無いアイテム・・・
それは電動ドライバ-!!
でも電動ドライバーは高い!
しかも充電器や電池パックが付属していない場合が多いです。
そこでオレが買ったのはこれ↓
リョービ(RYOBI) 充電式ドライバードリル 7.2V BD-710
充電器や電池パックが付いて、この値段!
安いです。
木材のネジ打ちくらいなら、この電動ドライバーで十分です。

さぁ、頭の中では簡易防音室が完成したので、材料を買いに行きますw

つづく・・・
関連記事
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments - 0

コメント記入欄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。