スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡易防音室を自作 03 買った材料リスト

頭の中で図面は完成したので、木材をカットしてもらう長さのメモ書きを持って、いざ戦場(ホームセンター)へ出陣じゃw

あれも、これも、おっとそれも、と色々買って、自宅へ搬入・・・
DSC_0001.jpg
これが何気に重労働でキツイです。

ここで小物も含めて、買った物リストを書きます。

・針葉樹合板 998円×5枚 = 4,990円
・2×4木材 6F 358円×8本 = 2,864円
・2×4用の金具 200円×8枚 = 1,600円(赤と緑を繋ぐ金具)
・取っ手 348円×2個(内外) = 696円
・蝶番2個入り 338円×2個 = 676円
・シリコン 198円×2個 = 396円
・シリコンガン 298円×1個 = 298円
・下敷きマット 1,180円×1個 = 1,180円
・木ネジ 4.2×65mm 598円×1個 = 598円(赤と青を留めるネジ)
・ビス M4×20mm 278円×1個 = 278円(赤と緑を留めるビス)
・ビス M4×10mm 556円 ×1個 = 556円(蝶番を留めるビス)

合計:14,132円
※木材カット代金は含んでないです。1カット50円?くらいかな

とりあえずこれで箱は作れます。
この材料費にプラス防音材(ウレタン)なども必要になるので、後に書きます。

一番気を使うのは木ネジ&ビスですね。
打ち込む場所によっては材料の厚みが違うので、ネジ長さを慎重に吟味しないといけなかったです。
※ネジ本数はたくさん入っている徳用を選んでます。

・骨組みは38mmと分厚いので65mmの木ネジをチョイス。
・2×4金具を固定するには20mmのビスをチョイス。
・合板は12mm厚なので、蝶番に付属していたビスでは長過ぎる・・・なので10mmのネジをチョイス。

ネジ&ビスは臨機応変に選べばいいと思います。

さ~、いよいよ組み立てです!

つづく・・・
関連記事
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments - 0

コメント記入欄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。